お土産に!北海道ならではのものとは

定番なのがクリームサンドクッキー

どの地域にも定番のお土産があります。必ずしもその地域の名産などを使っているわけではないものの、お菓子などでその地の定番になっているものがあります。北海道旅行に行ったときのお土産としては、クリームサンドクッキーがよく知られています。比較的薄めのクッキーにクリームやチョコレートなどが挟まれているお菓子です。お菓子そのものよりもそのお菓子の商品名がよく知られています。サッカーチームのスポンサーなどをしている会社では、ユニホームに会社名ではなく商品名が印刷されていました。どこに行ってきたのか説明をするのが面倒な時があるでしょうが、これを配れば渡した人に認識してもらえます。嫌いな人も少ないので、確実なお土産と言えるでしょう。

ハスカップを使ったケーキ類

北海道といえばいろいろな農産物が収穫できるところです。全国的に知られている農産物も多いですが、あまり知られていない農産物もあります。その一つにハスカップがあります。見た目はブルーベリーのようなぶどうのような実で、本州ではほとんど出回らないとされています。でも地元ではハスカップのジャムを使ったスイーツなどがよく売られています。北海道旅行のお土産として、ハスカップジャムを使ったものを用意すると喜ばれるかもしれません。あまり知られていない果物になるでしょうが、かといって癖があるわけではありません。甘いものが好きな人ならだれでも食べられるでしょう。ロールケーキやクッキーサンドなどがあるので、渡す人によって選ぶと良いでしょう。

1月以降は雪や吹雪で歩行が困難になってしまいますし、12月はクリスマスのイルミネーションがきれいでホワイトクリスマスも体験できるため、札幌旅行に行くなら初冬の12月がおすすめです